看護部長の知っ得!ナースライフ

看護部長の給与事情!仕事×お金のバランスはとれてるの?

看護部長の知っ得!ナースライフ

看護部長の平均的な年収とは


看護部長のお財布事情

社会人になれば、看護師同士、または友人同士でお酒を酌み交わす事は多いと思います。そこでなかなか聞けないのが…ずばり「お給料」の話!飲み会でもなかなか話題にあがる事ってないですよね。働く人にとって、お給料はちょっとセンシティブな話題です。
キャリアアップを目指す上で一つの指針となるのがお給料。人事院の調査によると、看護部長の月給は、55歳で平均して50万円~53万円という結果が出ています。中にはボーナスや各種手当ても含めた年収が約1000万円になるという人も…まさに大企業のサラリーマン並み。羨ましい限りです。
私の場合はここまでたくさんはもらっていませんが、平で看護師をしていた頃より確実にアップしています。看護部長になると夜勤がほとんどなくなるので、ほぼ日勤のみで今まで以上にお給料がもらえるのはやはり嬉しいものです。

意外にシビアです、お金の使い道

お金の使い方で人となりがわかる…とも言われますよね。看護師には、お金の使い方が派手な人が多いイメージがあります。日々人の命を扱う緊張した現場で働いていますから、お金を使って思いっきりストレスを発散!といった感じですね。
私も独身時代は毎月のように旅行に出かけたものです。今でいう自分へのご褒美と称してブランド物を収集したり、エステに行ったり。
ただ結婚して子供を育てるようになってからは、使い方はかなり変わりました。こんな時代ですから、せめて子供だけは路頭に迷わないように、と子供用に口座を作ってそこに貯金をしています。ちょっと大袈裟かもしれませんが、近年は独身でも手堅く貯金にまわす看護師も多いようです。不況知らずの看護業界ですが、その中でも少しずつ状況は変わってきているんですね。

給与と仕事のバランスはどう?

社会人にとって、この「仕事と給与のバランス」は永遠のテーマといえるのではないでしょうか?「仕事内容は自分にピッタリだけど、給与が低いからこの先続けて行けるかどうか心配…」「給与は文句ナシにいいけど、仕事内容がきつくて体が持たないかもしれない…」そんな悩みを持つのは、看護師も例外ではありません。
特に看護部長となれば、看護部のトップの座に立つ訳ですから、一つ一つの判断についてくる責任は大きいもの。現場に立つ事こそ少なくなりますが、看護という仕事の重みがこれまで以上にのしかかってくるのです。
看護師仲間にも看護部長をしている友人がいますが、日々ポジティブ思考で乗り切っているようでとても元気をもらえます。「病院は給料じゃないからね!」と笑顔で話していて、いつ聞いても気持ちがいい言葉だなと思います。
今の自分の給与を高いととらえるか見合っていないととらえるかは、自分次第だといえますね。

おすすめ記事ピックアップ

  • 看護部長になってみたいアナタへ
    看護師にとって、看護部長とは病院内で最もやりがいのある役職ではないでしょうか?看護部長のお給料や、昇進するためのステップアップ方法をご紹介!
  • マネジメントを学ぶために
    看護部長として身につけたいマネジメント能力。具体的にどうやって学べばいいのでしょうか?また、学んだ事をしっかり現場で活かす方法とは?
  • 看護部長の役割とは
    実際看護部長は、病院の中ではどのような役割を果たしているのでしょうか?
    看護部長の仕事内容や必要なことなどをお伝えします。
ようこそ

昨年看護部長に昇任!
新人看護部長としての、日々の体験やさまざまなことをつぶやいたサイトです。看護部長を目指す方は参考にしてみてくださいね♪

新規記事