看護部長の知っ得!ナースライフ

看護マネジメントを行なうにふさわしい資格とは?マネジメントにはどんな人が向いているのでしょうか?

看護部長の知っ得!ナースライフ

マネジメントに資格は要るの?


マネジメント=やりくりだと考える

私が看護部長になった時、まずはマネジメントの勉強から始めたのを覚えています。
マネジメント(経営管理)とは、広義でいえば、組織内の人間に働きかけて活力を高め、組織全体の目的を達成するという事。
私なりに噛み砕いてみると、マネジメントとは、一つのチームが試合に勝てるよう、現状を分析してチームをやりくりする「監督」の仕事だと考えています。監督は試合に出る事はありませんが、試合に出る選手達が最大限の力を持って活躍できるように策を考えます。
もちろん監督も、始めから監督だったわけではありません。選手として長年試合を経験してきたからこそ、チームを統率する監督というポジションにつく事ができるんですね。
これは看護の現場でも全く同じことが言えるのではないでしょうか?長い間現場で臨床経験を積んできたからこそ、看護部の現状を見通し、やりくりする目が養えるのだと思います。

マネジメントで役立つ資格

マネジメントに必要な資格というのは、実は特別ないんです。ただ、マネジメントするにあたり問われる能力というものが大きく二つあります。
一つは「看護部全体を客観的に、広い視野で見ながら、常にベストなやり方を打ち出せる運営能力」。もう一つは、「どんな人でも理解して信頼関係を築けるコミュニケーション能力」。
ちなみに「どんな人でも~」の「どんな人」というのは、病院に関わる全ての人を言います。患者さまは勿論、ナースやドクター、他部署のスタッフ、業者の方々、そして患者さまのご家族…。病院という場所は、実に多くの人達が集う場所です。そこでどんな人とも信頼関係を築くというのは、なかなか難しい事です。でも悩んだ時は、「何とかなる!」と前向きな気持ちで乗りきるようにしています。
(ちなみに私、こう見えても子供の頃は恥ずかしがりやで人見知りな女の子だったんです。周囲に言っても全然信じてもらえないんですけどね。)

役職者だけでなく、全ての看護師に求められるんです

先日は雨上がりに外出しました。私は「水溜りに気をつけないといけないなぁ」と思い、足元を見ながら歩いていたのですが、そんな時、子供からメールが。「虹が出てる!」とキレイな空の写真でした。そこで私は、自分がひたすら下ばかりを見ていた事に気づき、「なるほど、目線から思考は変わってくるんだなぁ!」と反省して、上を向いて歩くようにしたのです。
いきなり何を言ってるんだ、とお思いかもしれませんが、これは自分の意識や言動をよりよい方向にコントロールする「セルフマネジメント」の一例です。
看護の現場では、最悪の事態を想定して動くがスジ。ですが、常に前向きな自分をマネジメントする事によって、看護師としてのモチベーションを高め、病院全体にも活力がわきます。マネジメント能力とは看護部長や看護師長のような役職者だけでなく、スタッフ一人一人にも求められるものなんですね。仕事の事でお悩みのナースさん方、レッツ・ポジティブシンキングです!

おすすめ記事ピックアップ

  • 看護部長になってみたいアナタへ
    看護師にとって、看護部長とは病院内で最もやりがいのある役職ではないでしょうか?看護部長のお給料や、昇進するためのステップアップ方法をご紹介!
  • マネジメントを学ぶために
    看護部長として身につけたいマネジメント能力。具体的にどうやって学べばいいのでしょうか?また、学んだ事をしっかり現場で活かす方法とは?
  • 看護部長の役割とは
    実際看護部長は、病院の中ではどのような役割を果たしているのでしょうか?
    看護部長の仕事内容や必要なことなどをお伝えします。
ようこそ

昨年看護部長に昇任!
新人看護部長としての、日々の体験やさまざまなことをつぶやいたサイトです。看護部長を目指す方は参考にしてみてくださいね♪

新規記事